成年擬制は即日融資が利用できない?

即日融資には申込条件があり、その中に年齢も定められています。銀行、貸金業者いづれも学生専用キャッシングのような一部例外をのぞいて、ほとんどが満20歳以上となっています。上限こそバラつきがありますが、下限については一様です。その年齢制限によって成年擬制も排除するという意味合いがあります。


<成年擬制でも即日融資は利用できない>

未成年は通常、単独で契約は結べませんし、貸金業者は未成年への貸し付けが法律で禁じられています。保護者が保証人となることで借入も可能となりますが、金融業者としては「無理してまで取り込むべき属性ではない」として、未成年者への貸し付けは原則行いません。しかし「未成年者不可」ということになれば、結婚によって成年擬制が認められた人であれば貸し付けができることになります。成年擬制は離婚してもそのまま継続されますので、確認がややこしいことになります。その属性もあえて取り込まなくても良いものですので、「満20歳以上」と条件を設けているところは、成年擬制が申し込む可能性も排除しているのです。学生でない限り未成年の単独での借入は難しいと考えられますが、「成年」を条件としている即日融資の場合には、成年擬制も受け付けられる可能性はあります。

This entry was posted in 即日融資. Bookmark the permalink.

Comments are closed.